パソコン

気になっていたインターネットスピードが26Mbpsから劇的改善!

パソコンが劇的にサクサクに!

負荷の掛け方が原因でネットスピードが遅く、反応が遅く感じていると思っていましたパソコンが劇的にサクサクになりました!

現状
デスクトップ:有線1GLANで光回線のモデムにハブ経由で直接接続
WindowsタブレットやAndroidタブレットやスマホ:
Wifiルータも2台使用していますがチャンネルを離して設定

USENスピードテストで以前は、平均「22Mbps」程度USENスピードテストで以前は、平均「22Mbps」程度先に別記事の「パソコンの最適化」でメンテナンスしてチェックされた方は特に必要はないですが、簡単にチェックしてみてください。

最新のWindows更新プログラムであることを確認
電源プションを「高パフォーマンス」に変更
最新バージョンのブラウザの確認/キャッシュの削除
モデム・ルーターの最新ファームウェア確認
可能でしたらモデム・ルーターののログとキャッシュ削除     などです。

参考サイト!

https://oxynotes.com/?p=10570

プロwebクリエーター「OXY NOTES(オキシノート)」さんのサイトを参考にさせていただきました!

ありがとうございました!

今回のテーマ「TCP グローバル パラメーター」設定変更 ①!

コマンドプロンプトを使用しますが、初めての方でも手順通りにすれば簡単ですのでこのチャンスに覚えておくと良いと思います。

Windowsメニューから「 Windowsシステムツール」「コマンドプロンプト」右クリック、「その他」「管理者として実行」とクリックしていきます。

または「Windowsを検索」もしくはWindowsメニューの「Cortana」に「cmd」と入力しますと「コマンドプロンプト」が表示されますので、右クリックして「管理者として実行」をクリックします。Windowsメニューの「CORTINA」管理者として「コマンドプロンプト」が開きます。管理者として「コマンドプロンプト」

「TCP グローバル パラメーター」を開いて設定を確認!

  netsh interface tcp show globa

上記をコピーし「コマンドプロンプト」にペーストして「Enter」キーを押します。私のパソコンの場合:Before(2項目のみ)

私のパソコンの場合:Before「TCPグローバルパラメーター」 の表示について!
設定値は下記のようになります。

Disabled:  無効

highlyrestricted:  保守的に拡大します

restricted:  制限的に拡大します

normal:  既定値

experimental:  実験的

環境によって最適な設定は異なるため、実際に速度測定サイトで計測しながら最適な値を調べてみてください。

1.受信ウィンドウ自動チューニングレベル

受信ウィンドウ自動チューニングレベルとはネットワークのパファーマンスを自動的に最適化する機能です。

専門用語で言えばMTU値やRWIN値を自動で調整する機能です。

受信ウィンドウ自動チューニングレベル」の項目が「nomal」となっている場合は、「restricted」にすることで高速化が見込まれます。restrictedは「既定値より受信ウィンドウを制限的に拡大」という設定です。

  netsh interface tcp set global autotuninglevel=restricted 

上記をコピーして「コマンドプロンプト」にペーストして「Enter」キーを押す2.SNPの無効化

SNPとはScalable Networking Packの略で、ネットワーク処理をNIC(ネットワークインタフェースカード)に分担させる機能です。

10GbEといった高速な通信を行う際に顕在化するボトルネックを解消します。

Receive-Side ScalingRSS)の無効化

  netsh int tcp set global rss=disabled

上記をコピーして「コマンドプロンプト」にペーストして「Enter」キーを押す

netsh interface tcp set global autotuninglevel=restricted 私のパソコンの場合:After(2項目のみ)

下記のように

Receive-Side Scaling(RSS):enable →「disabled
受信ウィンドウ自動チューニングレベル:normal →「restricted

変更できました。
私のパソコンの場合:After

私のパソコンにはありませんでしたが項目があれば下記2点も同様に変更 。

3.Network Direct Memory AccessNetDMA)の無効化

NetDMA読んで字のごとく、受信したデータをCPUを経由することなく直接メモリ
上にコピーする機能。

  netsh int tcp set global netdma=disabled

上記をコピーして「コマンドプロンプト」にペーストして「Enter」キーを押す。

4.TCP Chimney Offload の無効化

TCPに関するネットワーク処理をNICで対応する機能。

  netsh int tcp set global chimney=disabled

上記をコピーして「コマンドプロンプト」にペーストして「Enter」キーを押す。

上記2項目も変更した場合下記のようになります。
上記2項目も変更した場合下記のようになります。

DNSサーバを「Googleの高速なDNSサーバ」に切り替える ①!

1.Windowsメニューよりスタートメニューを表示し歯車「設定」ボタンをクリック、「 Windows の設定」ネットワークとインターネット」をクリックし、「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。 2.ローカル エリア接続」を右クリックしプロパティを選択、「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」をダブルクリックします。3. 次のDNSサーバのアドレスを使う」を選び、優先DNSサーバ代替DNSサーバにそれぞれ「8.8.8.8」「8.8.4.4」と入力し、「OK」ボタンをクリック。次のDNSサーバのアドレスを使う

4.IPv6」を無効化する(利用しているプロバイダがIPv6に対応している場合は当然ですが無効にしないでください。

IPv6」接続の確認テストサイト:https://test-ipv6.com/index.html.ja_JP
下記のように接続結果が表示されます、赤枠内の詳細をクリックすると右のような詳細データが確認できます。「IPv6」接続の確認テストサイト1 「IPv6」接続の確認テストサイト2利用しているプロバイダがIPv6に対応していない場合はチェックを外してOKをクリックします。

結果発表です(あくまでも私の環境での結果です、タブレットでも同様の結果に))!

自分でも驚いているのですが何と2倍以上のスコアになりました。
もしかすると最初が遅すぎたのかもしれませんが非常に嬉しい結果です!私の環境での結果 私の環境での結果2

今回のまとめ!

前回のアドウェアを削除した効果もあるのかもしれませんが、思った以上の結果出ました!

メンテナンスは一つの項目だけではなくてハードウェア・ソフトウェア・インターネットの設定をバランスよくメンテナンスするとPCはサクサクと動いてくれるようです。

今回「アドウェア・PUPの削除」と「パソコンの最適化」、今回の「インターネット環境の改善」を同時に行ったのは正解でした。

少し面倒なところもありますが一度行えば意外と簡単だったりしますので是非お時間のあるときにでもテストしてみてください。

 ありがとうございました!